2019年01月09日

原爆ドームを見て我思う

DSC_0029.JPG
良い年して戦争がどうとか
平和がどうかとか他人に向けて
論調するつもりはないのですが、
間近に原爆ドームを見ると破壊的な
こと、70数
年前に実際に起きたことを
小学生の頃に聞かされたいや、
大人になっても尚、聞かされたことに
肌身に戦争の感覚を受けることは
無かったと思います。
DSC_0031.JPG
真上の写真は原爆が投下される前の
産業会館の写真で最初が原爆ドームと
して象徴的な建物となったものです。

言葉にならない思いであります。
確か、韓国のグループの一人が
キノコ雲のTシャツを着て物議をかもした
事を思うとすこしばかり悲しくなって
来ました。

彼の国は日本や日本人を嫌いな事は
理解出来るにしても、原爆ドームを
目の当たりにすると、原爆称賛とも
思われるTシャツは怒りいや、
悲しみいや、当事者意識が無いから
あんなTシャツを着られるのだろうと
深い静かな呆れが出てきました。
DSC_0032.JPG
この写真の真ん中に書かれている
文字が深く刻まれました。
人は争いが全く無くなることは
無いかも知れませんが、努力は
続けていかないといけないし、
諦めてもいけないですね。

一発の爆弾が一瞬で街や命を奪う
それを持っているからとか、
持っていないからとかの話ではなくて
必要ない世界にしたいものです。

また、キノコ雲Tシャツの善し悪しよりも、
犠牲になった人がいる前提で議論を
すれば、その行為は正しいか
悪いかではなく、今も苦しんでいる人への
配慮くらいはしてほしいものです。

posted by MITSUO at 04:44| 大阪 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月03日

古典に習うこと

古典を学ぶことは
将来的に何の価値もないのかも
知れません。

ただ、イタズラに古いものが良いとも
思いませんが、例えば自分の将来に
不安な事があれば、歴史上の人物の
生き方を学べば少しは優位になる場合も
あります。

人の生き方として歴史上の人物がとった
行動を自分に置き換えたら
未来が少し開けてくるかも知れません。
posted by MITSUO at 02:33| 大阪 | Comment(0) | メルマガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月27日

古典は時代錯誤なのか?

古典を読むことは一体何の意味が
あるのかは人それぞれの判断かも
知れません。

自分に合った言葉を探して
活かして行くのも、ツィッターや
その他の名言集を見るだけでも
違う感覚を得る事が出来ます。

そういう時代と幕末期と似ていると
例える人もいます。
幕末期の吉田松陰の教育は
実践に沿った教育で有名です。

吉田松陰は、主に論語や老子等の
古典を教える時に、今を基準に
松陰自身の考えを述べています。

古典を現代に置き換えて、更に
何を軸にするかを中心にして
自分の感じた事を実践する。

これが古典を学ぶ生きた学びだと
個人的には考えています。
歴史を学ぶなら、失敗や成功よりも
その時代に何故実行出来たか、
しなかったかを考察しながら歴史を
知れば、明日の迷いや未来の迷いを
少しは和らげてくれるものです。

それが出来たら、何と良い事かと
思うけれどなかなか身に付けて
いかないものです。
「 日進月歩 」と言った所でしょうか。
posted by MITSUO at 10:33| 大阪 ☁| Comment(0) | 中国、名言名句 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする