2017年10月31日

ケチくさいことを言わない

残業するな、経費削減などと
上から言われると、社員のやる気は
ますます失われていくと思います。

二宮尊徳の節約の話で節約にすることで
お金が貯まることを教えられている
ので、節約は美徳だと刷り込まれて
いるので致しかたないとは思いますが。

大切なのは、経費を絞ることではなくて、
「 経費をジャブジャブ使ってもいいから、
     きちんと結果を出せよ 」ってことでは
ないでしょうか。

結果をちゃんとだすのであれば、
経費くらいは使わせてあげても
いいんじゃないのだろうか。
posted by MITSUO at 06:58| 大阪 ☀| Comment(0) | 心を大切に | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月30日

努力は報われないかも知れませんが

よく才能がある無しで
自分の可能性に蓋をしてしまうことが
あると思います。

オリンピックで金メダルをとる人や
プロのアスリートは、もともと才能が
あって更に練習量があるからこそ
その世界に活躍出来る人材として
生きているんだと思います。

親や俗にいう「 大人 」の言葉に
若いうちに「 勉強 」することや
「 限界 」までのチャレンジすることを
推奨していると思います。

音楽や絵画の世界にも同じで
沢山楽器に触れたり、描いたり出来る
若いうちに習慣になる癖を身につける
事はとても大事です。

大人になれば、それだけで食べるだけでは
なくて、外に道を使わなければいけなくなり
練習量も少なくなり、結果的にその世界に
いけなくなる可能性が高くなります。

若いうちは、才能のことよりも
どうやって才能と戦えるかを努力しながら
前に進んでいく方がよっぽど
いいです。
posted by MITSUO at 01:23| 大阪 ☁| Comment(0) | 目標の立て方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月29日

衆怒は犯し難く

「 衆怒は犯し難く、専欲は成り難し 」
         春秋左氏伝  襄公十年  より

意味
多くの人の怒りを買うようなことは
してはいけない。
また、自分一人の欲望を満たすようなことは
成功しにくい。
身勝手な振る舞いは慎み、大勢の意見に
従わなければならないということ。

「 犯 」は抵触する、触れるの意味。

この言葉、良く考えないといけないと
思います。自分一人の考えを押し付ける
のは良くないけれど、集団の考えだと
言って、集団の考えを個人に押し付ける
のはたちが悪い。

これが「 いじめ 」になっていく。

特に小中学生に多い考えだからこそ
ちゃんと親は教えなければいけない。

集団の考えが間違った方向に進んで
いる時の対処方法を理解させるのは
大変だけれど、必要事項です。
posted by MITSUO at 07:47| 大阪 ☁| Comment(0) | 中国、名言名句 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする