2017年11月06日

サラリーマン根性は悪いの?

起業の本やセミナーでよく
「 サラリーマン根性 」について
問われる。

起業家とサラリーマンは全然違う
というのは当たり前のようで
なかなかどちらがどう良いかは
単純には図れないものです。

サラリーマンがいけないの?
サラリーマン根性って僕自身が
感じることはアラフォー以上いや
バブル期に会社員になっていた人に
身に付いたものだと思います。

他人の下で働くデメリットは
ゆとり世代と呼ばれる世代が特に
感じているからこそ、会社の中で
協調性の無駄を感じているのかも
知れません。

俗にネット社会で言われている
「 ゆとり世代の暴挙 」みたいなのは
おっさん世代にもいたし、これからも
でてくる。極端な人間。

寧ろアラフォー前期やアラサー世代は
派遣がもてはやされて、今やどの会社にも
少ない年齢層だし、どの業界にも
まんべんなくいる年齢層なんだけど
自由に憧れ社会に溶け込めないまま
社員になれない悲しい世代でもあります。

そんな中で単に起業との兼ね合いだけで
サラリーマン根性が悪いってだけを
分かりやすく薄っぺらい言葉を投げ掛ける
のは無責任な感じは受けます。


個人で戦えるかをちゃんと自覚できれば
どんな人でも結果は出るでしょう。
あとは起業は逃げのきかない完全自己責任
それを腑におちるまで自分に言い聞かせる
事が出来るかって
事なのだと思います。
posted by MITSUO at 01:33| 大阪 | Comment(0) | 起業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。