2018年06月20日

項羽

項羽
紀元前232〜紀元前202
秦末の武将
名は籍 羽は字
楚の名門貴族出身。

始皇帝死後、叔父の項梁とともに
楚軍を率いて秦を滅ぼし、
西楚覇王と自称する。

後に、劉邦と天下を争い、
垓下の闘いで破れて烏江で自害した。

これが項羽の経歴になりますが、
項羽は一人の武将ならば、呂布よりも
武力があったとも言われています。
ただ、劉邦と比べれば人望がなくて
最期に「 四面楚歌 」の四字熟語が
生まれるきっかけとなった戦いのときに、
周りから故郷の楚の歌が聞こえた事で
味方がすべて劉邦についたと考えて
単騎で突っ込んで闘ったと言われています。

きっと彼は、自信満々の武勇を誇る人
で才覚もあって、自分でやった方が
速いと思う上司みたいな人
だったのでしょう。

人を束ねる為には、人の成長を見守る
忍耐と人に委ねる勇気が必要だと
思います。
失敗しても笑って許せることも、
リーダーの条件かも知れません。
posted by MITSUO at 05:59| 大阪 ☔| Comment(0) | 人物の生き方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。