2018年06月21日

諸葛亮孔明

諸葛亮孔明
西暦181年〜西暦234年

三國「 蜀 」の宰相。
字は孔明
襄陽で、晴耕雨読の生活を送っていたが、
劉備の三顧の礼に応じて仕え、
知謀をもって戦略家として活躍。

天下三分の計を説き、蜀漢が成立するに
及んで丞相となった。
劉備の死後、劉禅を補佐し、中原を奪回
すべく「 出師の表 」を後主にささげて
魏との戦いに向かうが、戦地にあること
七年間、魏の司馬懿と五丈原で
対陣中に病没した。

これが諸葛亮孔明の簡単なまとめに
なりますが、ゲームや小説では知謀を
張り巡らせて主君を守るイメージがあり、
劉備亡き後もその子劉禅を補佐して
蜀を守る姿に感銘を受けた人が多いですし、
「 忠誠心 」に魅了される人物です。

司馬懿と違うのは、魏を守るどころか
孫の司馬炎が「 晋 」を建国したので
悪人にされやすいですね。

諸葛亮孔明が、実際に術を使ったかは
不明ですが、確実な事しかしない様な
堅実派なので、ゲームや小説は
イメージを盛りすぎてる感はあります。

ただ、忠義を示す姿は見習いたいです。
posted by MITSUO at 03:38| 大阪 ☔| Comment(0) | 人物の生き方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。