2018年06月23日

コミュ障という訳も解らない言葉

ネットのスラングで
「 コミュ障 」を語る記事をみたり、
自己紹介でも「 コミュ障 」として
アピールしたり、障害ならなんとか
改善する方法を模索するのかなぁと
思いきや全面に「 コミュ障 」押ししている
のをみるとわりと前向きな言葉なのか
さえ感じてしまいます。

人に対して「 コミュ障 」と使う時は
悪意すら感じてしまいます。
でも自己紹介の「 コミュ障 」はなんか
障害に苦しんでいない感じは受けます。

ただ、個人的には「 コミュ障 」と
アピールする人にコミュニケーション能力
の欠落がないような気がします。
むしろ、コミュニケーション能力がないから
気を回す努力を最初からしないで済む
様に自己紹介しているのだと思います。

100%コミュニケーションがとれる人は
いないですし、100%コミュニケーションが
取れない人はいないはずだと思います。

コミュニケーションとは人との
関わりの事でどんなに努力しても
自分を受け入れてくれない人には
コミュニケーションをとる事はできません。

自分の主観でしかないものに
強引に合わせようとしない方が良い。

人昔前の「 空気を読む 」の反対の意味で
「 コミュ障 」が使われているのなら、
あまり気にしなくても良いんじゃ
ないのかな。
posted by MITSUO at 06:53| 大阪 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。