2016年05月13日

自己犠牲は美徳ではないかもね

自己犠牲についての
童話で泣いた赤鬼と言う話が
あるんですが、この話
考えさせられる

村人と仲良くなったけれど
その代償に親友の青鬼と
会えなくなってしまう

最高の贈り物という話も
そうだ。
髪を売って旦那さんの為に
金時計にあう飾りをかい

旦那さんは金時計をうり
妻の髪をとく櫛を買うという話
だけれど

こちらの話は美化しすぎている
最高の贈り物という形で
終わりですが
泣いた赤鬼はただ、ただ、
赤鬼が泣いたという事を
伝えている

そこにある大事なものは
有るときは気づかないし、
あって当たり前だと思ってしまいます。

本当に大切なものは
気づかないまま、知られないまま
そこにあるのかも知れません

それが理解出来たら
この世は幸せに
溢れているものなのかもね。
posted by MITSUO at 07:02| 大阪 | Comment(0) | TrackBack(0) | 童話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月16日

桃太郎

桃から産まれた桃太郎

鬼退治に猿、犬、鳥を
従えたと言う事は
誰もが知っている話

作者不明で今でもCMやなんかで
モチーフが使われている

牛、寅の方角が所謂
鬼門といわれる方角を
反対側の生命の門が
申と鳥の方角をうまく
組み合わせた謂わば小説なんだ
と思います。

ただ、一説では
歳をとって産まれた子供は
恥ずかしいから桃から
産まれたなんて表現をした
なんて言う説もあります。

長く愛され読まれている
物語もなかなかないので
何かを伝えようとしたのかも
しれません。
posted by MITSUO at 00:49| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 童話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月13日

桃太郎

昔話の定番の桃太郎
構成は単純ですが
日本人がよく鬼って言われる
角の生えた生き物は
方角的に鬼門と呼ばれている所から
生み出された想像の生き物だと
知っていましたか。

牛と寅の方角は悪い方角で
申と鳥の方角は良い方角てあると
そこから桃太郎が生まれたと
言うことです。

教訓めいたものを題材にするのが
昔話なんですが有名な話なのに
教訓を持たない話も存在するのが
また、興味深いです。
posted by MITSUO at 09:44| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 童話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする